大切なのは、バランス。

こんにちは。

以前、我が家のスピーカーの音が出なくなった話をしたかと思うのですが、その後突然音が出るようになったりして騙し騙しでなんとか使っていたのですが、先日ついに突然両方のスピーカーから音がブツっと全く出なくなり、アンプにエラーメッセージが出てしまいました。

メッセージは、「CHECK SP WIRES!」。ビックリマークついてる、、。これはやばいかもと思い調べたところ、スピーカーケーブルがショートしている可能性がある、とのこと。大変です。でも今まではエラーメッセージも出なかったので原因がはっきりわからなかったのですが、これで原因がわかりました。

アンプは悪くない。ケーブルのせいのようです。ネットでたくさん調べて、値段の割に評価がめちゃくちゃ高いケーブルを見つけました。

「BELDEN 8470」という品物。オーディオ好きの間では有名らしいのでご存知の方もいるかもしれませんが、これが5mで1,500円という安さなのに格段に音が変わったというレビューが結構な数あったのです。

レビューを信じて購入し、昨日届きました。繋いで音を鳴らしてみた結果、、。

びっくりするくらい音が良くなりました。

素人の耳なので細かいことはよくわからないのですが、そんな素人耳ですらわかる音の変わりよう。高域はクリアで低域もちゃんと響くけど聴き疲れしない感じ。今まで聴こえてなかった音も聴こえてるんじゃないかというくらいの音の広がり。

ケーブル一つでこんなに音って変わるんですね。

スピーカーケーブルって本当にピンキリで、100均で売っているようなものもあれば、1本100万円以上するものもあったりするんですが、大切なのは値段ではなく、自分が使っている機器とのバランスだそうです。

我が家で使っているスピーカーはJBLの古い型なんですが、ケーブルは今までに何回か変えていて、今回が今までで一番良い音を鳴らしてくれています。このケーブルと、アンプと、スピーカーすべての相性が良く、足並みが揃っているからこそのこの良い音なんですね。

なんだか、謝りたいです。ショートしていることに気づかず無理をさせていたケーブルにも、買い換えようかなとさえ考えるほど故障を疑っていたアンプにも、今まで長い間本領を発揮させてあげられていなかったスピーカーにも。

これからはもっと愛情を持って大切に使おうと思います。電化製品って長く使ってると絶対心が宿りますよね。

・・・

お家づくりにおいても、バランスってすごく大切です。

リラシオネスの家づくりは、「デザイン」・「性能」・「コスト」の全てに満足できる住まいを目指しています。

どれかを妥協したりあきらめたりする必要はなく、全てのバランスが取れた時に初めて心からの満足が得られると思うので、一緒にとことんこだわった家づくりをしていきましょう。

無理やりまとめたな、と思ってませんか? 気のせいですよ(笑)。

最近映画の話やら個人的なお話ばかりになってしまっているので、次回はまたお家ご紹介をさせていただこうと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございます。ではまた。

RELACIONES by KOYUの最初のモデルハウスが、10月基礎着工決定!札幌市内でリラシオネスのお家を見学できるようになります!今後の告知をお楽しみに♪

資料請求やお問合せはお気軽に。当ホームページお問合せフォームか、各SNSのメッセージお待ちしております!

※HPに掲載している写真等はグラッソ株式会社及びグラッソデザインオフィス株式会社の設計・施工・監修によるものです。

株式会社孝佑  RELACIONES

建設許可:北海道知事許可(般-29)石第22963号

〒060-0042 札幌市中央区大通西15丁目3番12 大通西ビル 3F

TEL 011-616-5055

関連記事